2.まち並み整備.JPG
 2 まち並み整備プロジェクト
お祭りうちわ.png

<経緯>

平成17 年~品川区と協働し景観計画の作成に取り組む。

平成23 年に「品川区景観計画」を作成。品川区はこれを法定計画として施行する。

この中で品川宿を重点地区に指定し、すべての新築、増築、改築、外壁、屋根の改修などの工事を事前相談の対象とし、その運営にあたり「景観アドバイザー制度」を導入した。

スライド33.jpeg
スライド33.jpeg
スライド34.jpeg

<活動>

1.  景観アドバイザー制度

・まちづくり協議会から7名のアドバイザーを区役所窓口に派遣し、景観計画に触れる全ての工事を事前にチェックし、アドバイスする。

2. 「まち並み整備事業」に対する助成制度

・平成8 年度から継続的に実施。「歴史を伝えるまち並み」と「新しい生活空間としてのまち並み」の調和を目的とする。

この目的に沿った計画には工事費の2 / 3 を助成。

3.  シンポジュウムなどで本制度の広報、啓発を実施。

 
*6-1傍示杭「これより品川宿」.jpg
*6-2.案内看板マップ/鮫洲駅前.JPG
*7.まち角の歴史案内.jpg
*8-1道しるべ/品川宿.JPG
*8-2道しるべ/北浜川.JPG
IMG_1345.jpg
IMG_1349.jpg
IMG_1346.jpg
IMG_1348.jpg
IMG_1347.jpg
 
*14-2東海道の石畳/海雲寺前.JPG
*14-3石畳カーブ.JPG
*14-7真了寺参道の路地.JPG
*14-6常行寺参道の石畳.jpg
*14-5立会川駅前商店街の石畳-2.JPG
*14-1東海道の石畳/城南小学校前.JPG
*14-4遠州家前.JPG
スライド36.jpeg

歩道部分の石畳整備。車道は土の色に近い脱色アスファルト。
平成8年に始まった東海道を石畳をつなぐ事業を品川宿全域に広げる。

スライド37.jpeg

石畳の整備に併せて歩道部分を拡幅。歩きやすい環境の整備。

 
スライド39.jpeg

街道松をつなぐ:平成4年からスタート。
各宿から寄贈を賜り、現在13宿の街道松を植樹。

DSC_0002 2.JPG
スライド56.jpeg
スライド58.jpeg

町会看板の組み込みと街道松の植樹 玄関周りの修景と街道松の植樹

 
スライド40.jpeg

東海道に面した5商店街共通デザイン。

灯具.JPG
街路灯.jpg
ゲート.jpg
街路灯・松の広場.jpg
スライド41.jpeg
スライド42.jpeg
スライド43.jpeg
*15-2灯りをつなぐ.jpg
スライド44.jpeg

水辺の灯り

 
スライド45.jpeg

店舗のファサード整備 平成17年度〜97店舗で実施

2019-06-25 17.28.06.jpg
IMG_1082.jpg
IMG_1086.jpg
2019-06-25 17.29.40.jpg
2019-06-23 13.35.53.jpg
IMG_3429.jpg
スライド46.jpeg
スライド48.jpeg

宝㐂家 真交町会

スライド48.jpeg

青横ファーマシー 諏訪町会

スライド48.jpeg

遠州家 長徳寺門前 博友町会 名物 閻魔いなり

自販機を地元町会の手ぬぐいのデザインに合わせる

スライド49.jpeg

シャッターと戸袋をセットで修景

スライド50.jpeg

大看板、テント風のれん、大のれん、袖看板、自販機、木製デッキ&木製ゴミ入れ、フルセットで修景

スライド47.jpeg

大きな壁面にはパブリックなメッセージを

DSC_0044.JPG
DSC_0012.JPG
木村家新.jpg
IMG_1083.jpg
IMG_1085.jpg
16.ロビンソン.JPG
*16-12たけのこ煎餅.JPG
IMG_7373.jpg
DSC_0104.JPG
DSC_0107.JPG
スライド51.jpeg

電線地中化工事が完成

スライド52.jpeg

商店街名の変更、商店街ゲートの修景、石畳とボラードの整備

スライド53.jpeg

軒のラインを揃える。できれば庇をつける。

DSC_0166.JPG
DSC_0185.JPG
IMG_7520.jpg
*16-2あきおか.JPG
IMG_2357.jpg
スライド54.jpeg

ビル正面の修景

スライド57.jpeg
スライド55.jpeg

玄関周りの修景 まちなみをつなぐ修景

松イラスト.png